レクサス初のミニバンは成功するや否や?LMを発表!

 
レクサスが待望のミニバンを発表しました。実はレクサスでは初のミニバンでトヨタだけに意外な気がします。
これも全て従来型の売れ筋モデルであるセダンが売れなくなってきたからかもしれません。
レクサスと言えば主軸は当然セダンでしたからLSやGS、最近ではESが登場しましたね(そのせいでGSは廃止になりましたが)。

ただ要望は以前から多かったと思われるミニバンが発売になります。
その名はLMだそうでLが付くということは最上級モデルであるという位置付けなんでしょう。
セダンがLS、SUVがLX、そしてミニバンはLMとなります。

LMはアルファードベースだそうです


レクサスの特徴としてはトヨタ車がベースになっているということでしょう。
違う車種も当然ありますがこのLMに関してもアルファードがベース車でありそこにレクサスらしい装備などを肉付けしていく予定です。

当然ですがスピンドルグリルは付きますので外観はアルファードでフロントマスクがレクサスのスピンドルグリルになるということで問題ないでしょう。

これは想像しやすいですよね。アルファードもフロントマスクがド派手ですがスピンドルグリルになることで更に派手顔になること間違いなしですね。「俺はレクサス乗ってんだぞー」アピールが凄い外観になるでしょうから自慢したい人が乗る車になると思いますね…。

アルファードは日本だけじゃない??


レクサスがこれまでミニバンを出さなかった理由というのはそもそもレクサスブランドが海外向け中心だからという理由もあったでしょう。
海外では日本のようにミニバンは売れません。日本だけですこんなにミニバンが売れているのは。
意味が分からないですが何かあった時のためにミニバンを買うそうです。子供2人しかいない家庭でもなぜかミニバンにするようなので日本人は何か心の保険というか余裕が欲しいのかもしれません。

さて海外でミニバンが売れるのかと言えばアルファードは一部では好評というか乗られているようです。
バカ売れはしないのですが便利だし人が大勢乗れるということからアルファードも好まれています。
従ってレクサスLMもそこそこ売れるのではないかと思われますね。

ただ決して日本向けの車種ではないでしょう。Lが付く車種はフラグシップモデルですから1000万円する車なんですね。
そういうことでそこまで価格が行ってしまうと日本では売れない車種になります。
確かに誰が買うんだという話です。(買えるんだですか…。)

レクサスはそんなに自慢できる車なのか?


レクサスは見栄のために買う車です。車性能を考えればトヨタ車なのでトヨタを買えばいいじゃんという話になります。
LMは特にアルファードを買えば済むことですから敢えて1000万円するであろうLMを買うということは自慢したいだけだと言えます。

あとはプライドが高い人がいて他の人とは違うしかも高級車でないと駄目だという人もいるんですよ。
昭和的な価値観と言っても良いですが5月には令和元年となるのにいつまでそんなことを言っているのだろうかと思います。
しかしそういう見栄っ張りが絶えないのは時代で共通した事象なのでこれは人間の本性の一つなのかもしれません。

そういった人間の本性を付いて売られているのがこういった高級品なのでしょう。
レクサスに乗って他人を見下す、LMはアルファードのように視座が高いですから文字通り見下して運転することが可能です。

しかしながらレクサス(でもなんでもいいけど)などの高級車に乗ったからと言って偉いのでしょうか。
ここは激しく疑問ですよね。偉いから乗っているというわけではないと反論されそうですが、しかし自慢したいから乗っているんでしょ?と言われると認めざるを得ないでしょう。

結局レクサスに乗る人、乗りたい人は認めて欲しいから乗っているんだと精神分析できますね。何に認めて欲しいかと言えば社会に世間に認めてほしいのではと。

怪しげな商売をやっている人は特に世間体が悪いので高級車に乗る人もいるでしょう。俺は儲かってんだよと頑張ってんだよという意味を込めてレクサスなど高級車に乗るわけです。

そういうことで実はまともな人は高級車に乗らないのでは??と思ってしまいました。
だってマトモなことをしていてはレクサスのような高級車はなかなか買えないですからね…。

車買取 静岡